FC2ブログ
SEO対策 税理士 会計 東京 経営 医師 医院 歯科 病院 診療所 クリニック テナント ドクター
医療法人 社会福祉法人 関東 神奈川 千葉 埼玉 医療 健康 節税 無料 確定申告 年末調整

日本橋の税理士 湯沢勝信の医院経営最前線

税理士湯沢勝信が 医院、病院、福祉施設関係者に役立つ情報を提供します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

こそのつけどころ

 「こそのつけどころ」という言葉があるそうです。これは、どういうことかというと、院長が「自分が頑張っているからこそ、この医院は患者が来ているんだ」と言う気持ちと、従業員の「私が頑張っているからこそ、この医院は成り立っているのよ」という気持ちどちらが正しいのでしょうか?繁盛している医院だったらこの両方ともあっていると思います。しかし、ここで重要なのは、その気持ちを先生が従業員に、また従業員が先生に対して言うときの言い方にあります。
先生が従業員に対して、「院長である私が、死ぬほど頑張っているからこそ患者が沢山くるんだ」というのと、「従業員のみなさんがが本当に頑張っているからこそ患者さんが沢山来るんです」と言うのを比較した場合、従業員の受ける印象は全く違ったものになってきます。先生と従業員のコミニュケーションがいい医院と悪い医院実は、この「こそのつけどころ」に原因があるのかもしれません。
スポンサーサイト

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzawacom.blog55.fc2.com/tb.php/70-4fedfe61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。