FC2ブログ
SEO対策 税理士 会計 東京 経営 医師 医院 歯科 病院 診療所 クリニック テナント ドクター
医療法人 社会福祉法人 関東 神奈川 千葉 埼玉 医療 健康 節税 無料 確定申告 年末調整

日本橋の税理士 湯沢勝信の医院経営最前線

税理士湯沢勝信が 医院、病院、福祉施設関係者に役立つ情報を提供します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

定期同額給与についての具体的取り扱い

皆様こんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
本日から定期同額給与の具体的な取り扱い方法についてのお話しをしていきます。

役員給与の扱いというものは、平成十八年に出来て十九年に改定、或いは通達やQ&Aが出たりという事で色々と不明点がございます。実務上判断のつきかねる、どの部分が損金不算入になるのか、こういった場合には損金算入なのか損金不算入になるのかという疑義、わからない部分が多かったのです。
それについての具体的な解説がでておりますので、この場でご紹介していこうと思います。

前回のお話しと重複してしまいますが、まずは一番原則的なケースから。

1.給与改定日が期首から三ヶ月経過日までの場合

まずこの三ヶ月と言いますのはようするに、三月決算の企業の場合、大体五月に株主総会や社員総会などがあるわけなのですが、大きな会社はこのスケジュールでは間に合わず六月になってしまいます。そうした事を考慮しての期首(三月)から数えて三ヶ月、となっております。
ですから「期首から三ヶ月以内」に給与を上げる、ないしは下げてその金額を通す。
この二つが一番ポピュラーな経費として認められるケースです

 湯沢会計事務所

スポンサーサイト

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzawacom.blog55.fc2.com/tb.php/147-2d4161d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。