FC2ブログ
SEO対策 税理士 会計 東京 経営 医師 医院 歯科 病院 診療所 クリニック テナント ドクター
医療法人 社会福祉法人 関東 神奈川 千葉 埼玉 医療 健康 節税 無料 確定申告 年末調整

日本橋の税理士 湯沢勝信の医院経営最前線

税理士湯沢勝信が 医院、病院、福祉施設関係者に役立つ情報を提供します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

開業後の節税6-3

皆さんこんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
本日は昨日に引き続き「親族の所得分散と、給与所得控除額」ということでお話しいたします。

【給与所得控除額】
医療法人にした場合に支払う理事長先生への給与、あるいは奥様や親族の方への給与など。これらにつきましては、その支払った金額全額が課税されるわけではありません。給与というのは、給与をもらった人の収入金額から、「給与所得控除額」という実際に使っていなくても経費に出来る「みなし経費」といったものを引く事が出来ます。それを引いた後のものが課税対象となる給与所得となります。

【給与所得控除額速算表】
↓給与等の収入金額↓            ↓給与所得控除額↓
1,800,000円以下      :  収入金額×40% 650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超   3,600,000円以下  :  収入金額×30% + 180,000円
3,600,000円超   6,600,000円以下  :  収入金額×20% + 540,000円
6,600,000円超    10,000,000円以下  :  収入金額×10% + 1,200,000円
10,000,000円超              :  収入金額×5% + 1,700,000円

このように医療法人の場合には、親族に対して所得を分散しやすくなっており、給与所得控除額というみなし経費を引く事で、その面におきましても手取額を多くする事が出来るという利点があるのです。

湯沢会計事務所
スポンサーサイト

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzawacom.blog55.fc2.com/tb.php/138-fda91ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。