FC2ブログ
SEO対策 税理士 会計 東京 経営 医師 医院 歯科 病院 診療所 クリニック テナント ドクター
医療法人 社会福祉法人 関東 神奈川 千葉 埼玉 医療 健康 節税 無料 確定申告 年末調整

日本橋の税理士 湯沢勝信の医院経営最前線

税理士湯沢勝信が 医院、病院、福祉施設関係者に役立つ情報を提供します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

節税と脱税は紙一重?

皆さんこんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
節税と脱税について前回お話ししましたが、今回はその補足という事で、節税と脱税の境目、という事についてお話ししようと思います。

日本の税法というものは非常に複雑でありまして、そして税法には全ての具体例が書いてあるわけではありません。ですから納税者の方は節税しているつもりが脱税になってしまう、という事やその逆の事がよくあります。

自分が物を売るための仕入れをした、この代金を「経費」として申告するのは当然「節税」になります。
ですが、自分の会社で給食を出している。この給食を仕事中に家族で食べた、これを「経費」とすることは「脱税」になります。
このように「節税」と「脱税」はかなり曖昧で、中でも難しいのが「節税」と「脱税」の境目、グレーゾーンと呼ばれる部分になります。
これは私たちプロである税理士から見ても、税務署の方から見ても難しい。ましてや納税者の方から見ればわけがわからない世界です。

「節税」のつもりが「脱税」だった、などという事が無いよう、税金につきましては確かな専門家に相談する事をおすすめします。

湯沢会計事務所
スポンサーサイト

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzawacom.blog55.fc2.com/tb.php/115-23e2d884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。