FC2ブログ
SEO対策 税理士 会計 東京 経営 医師 医院 歯科 病院 診療所 クリニック テナント ドクター
医療法人 社会福祉法人 関東 神奈川 千葉 埼玉 医療 健康 節税 無料 確定申告 年末調整

日本橋の税理士 湯沢勝信の医院経営最前線

税理士湯沢勝信が 医院、病院、福祉施設関係者に役立つ情報を提供します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

開業医と税金

皆さんこんにちは。湯沢会計事務所の湯沢勝信でございます。
今日は個人開業医の方の税金の仕組みについてお話ししたいと思います。

個人開業医の課税の中心となるのは、事業所得となります。
これから開業なさろうという先生方は現在勤務医でいらっしゃいますから給与所得となりますけれども、開業した場合には個人事業主という事になりますので、所得税の区分は事業所得となるわけです。
事業所得の計算方法は、以下のようになります。

事業所得=総収入金額―必要経費

すなわち、保険診療などの収入金額から、家賃や人件費、薬代などを引いて利益を計算します。
では税金はどう計算するかと言いますと、以下のようになります。

税金={(事業所得+他の所得)―所得控除金額}×税率―控除額

※ 他の所得:他医院からもらった給与や所持する不動産等からの所得など
※ 所得控除:各人の個人的事情(妻帯している、お子さんの人数、医療費)による控除

この税率がいかほどかと言いますと、現在の日本では課税所得(所得金額の合計額から所得控除金額を引いた金額)が1,800万円を超えた場合には、所得税と住民税を合わせて50%となっております。

開業で成功するという事は、当然所得で1,800万円を超える数字をという事です。それはイコール50%超の高い税金を納めるという事にもなるわけです。
個人開業医にとって、税金がいかに重要な問題になるか、おわかり頂けたかと存じます。

課税所得金額
税率
控除額

195万円以下

15%
---
195万円超、330万円以下 20%
97,500円
330万円超、695万円以下 30%
427,500円
695万円超、900万円以下

33%

636,000円
900万円超、1,800万円以下

43%

1,536,000円
1,800万円超 50%
2,796,000円

湯沢会計事務所
スポンサーサイト

 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuzawacom.blog55.fc2.com/tb.php/112-4ef105e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。